コーヒーフィルターのミルカフェ │ 洗って使う経済的なエコ商品

お気軽にご連絡・ご相談ください 03-5392-1807

お問い合わせはコチラ

ペーパードリップについて

深いコクと香ばしい香りで私たちを癒してくれるコーヒーは、世界中で多くの人に愛されている飲み物です。挽いた豆を使って抽出するレギュラーコーヒーは、淹れる器具がいくつかあります。フィルターを使うハンドドリップやコーヒーメーカー、コーヒープレス、ネルドリップ、エスプレッソマシンなどがあります。

 

 

定番のハンドドリップ

コーヒーは淹れる器具によって味わいが異なるので、色々な器具を使い、それぞれの特徴の違いを楽しむことが出来ます。その中でも、ペーパーを使ったハンドドリップは多くの人に愛されています。その理由は、ハンドドリップで使う道具は、スーパーマーケットで簡単に手に入りますし、喫茶店のマスターのように熟練していなくても美味しさを引き出しやすい点にあります。

 

 

カリタ式、メリタ式そしてハリオ

ハンドドリップで使うコーヒーフィルター用のドリッパーは、製品によって穴の数が異なり、穴の数によってお湯を注ぎ方も違います。その中でよく使われるのが、カリタ式、メリタ式そして最近ではハリオがあります。
3つ穴のカリタ式は、数回に分けてお湯を注ぎ、挽き具合にムラがあっても注湯次第でそれをカバー出来るので、どんな焙煎度合いの豆にも対応出来ます。一方、ひとつ穴のメリタ式やハリオは、1回の注湯で淹れますので、注湯する前に人数分の粉の量をきちんとはかることがポイントとなります。1回の注湯でコーヒーの美味しさを抽出しきるため、浅煎りの豆はあまり適さず、中深煎り以上のコーヒー粉に向いています。

 

 

コーヒーは淹れる器具によって味わいが異なりますが、ハンドドリップの場合、ドリッパーの形状によって豆や淹れ方も違ってきます。コーヒーは手軽に飲むことが出来ますが、こだわることでの奥深さを知ることが出来ます。
弊社では、洗って1000回以上も使うことが出来るコーヒーフィルターの「ミルカフェ」を販売しています。1枚で1000回以上使えるので、1回ドリップするコストは税抜き0.7円以下です。また、コーヒーフィルターに使用しているポリプロピレンは、厚生労働省、EUの安全規格基準試験に適合しているので、安心してご利用いただけます。

 

 

▲このページのTOPへ