コーヒーフィルターのミルカフェ │ 洗って使う経済的なエコ商品

お気軽にご連絡・ご相談ください 03-5392-1807

お問い合わせはコチラ

ペーパーコーヒーフィルターの歴史

コーヒー好きがこだわる飲み方とは

老若男女問わず、コーヒーが好きという方は非常に多いと思います。近年ではコーヒーショップの増加、コンビニや自動販売機でもコーヒーが販売されているという背景から、誰でも気軽にコーヒーが楽しめるようになりました。
しかしコーヒーが本当に好きな方は、ご自宅で豆を挽くところからこだわっているというケースもかなり多いようです。
ご自宅で挽いた豆を抽出するのに必要なアイテムの1つがコーヒーフィルターです。
今やなくてはならない存在のコーヒーフィルターですが、その歴史をご紹介します。

 

 

昔のコーヒーとは

コーヒーフィルターは、コーヒー豆を挽いて粉状にしたものを入れてお湯を注ぎ抽出していきます。
この方式、実は100年以上前の1908年から存在していたものです。
当時は自宅でコーヒーを飲む際、布や金網を使って抽出していました。手間がかかる割には粉がカップに入り衛生的にも良いとは言えず、今のように気軽に楽しめる飲み物ではありませんでした。そこで、ドイツに住むメリタ・ベンツ夫人によって発明されたのがコーヒーフィルターです。

 

 

コーヒーフィルターの始まり

夫人は銅と亜鉛を合わせた黄銅鋼と呼ばれる合金の容器にいくつかの小さい穴を開け、そこに1枚のろ紙を乗せました。
その中に挽いたコーヒーの粉を入れ、お湯を注いで抽出させたところ、粉がコーヒーカップに入らず作ることができました。
また、ろ紙がコーヒーの雑味を吸収する役割を果たし、以前よりも美味しくなりました。抽出後の粉も簡単に処分できることから、この方法が広がりました。手軽で美味しく飲めるコーヒーフィルターですが、1回1回ペーパーを捨てるのは何だか躊躇してしまいませんか。

 

 

弊社が取り扱っているミルカフェは、洗って使えるコーヒーフィルターです。たった1枚で1000回以上ドリップできるので、非常に経済的です。これまで安いコーヒーフィルターを探してドリップしていた、という方にもおすすめです。
通販サイトでの取り扱いとなりますから、地方にお住まいの方でも気軽にご購入いただけます。

 

 

▲このページのTOPへ