コーヒーフィルターのミルカフェ │ 洗って使う経済的なエコ商品

お気軽にご連絡・ご相談ください 03-5392-1807

お問い合わせはコチラ

お湯を注ぐ時のポイント

コーヒー専門店で飲むコーヒーがおいしいのは当たり前ですが、自宅でもおいしいコーヒーが飲みたいという方は多いのではないでしょうか。新鮮な豆や適した温度のお湯を用意しても、お湯の注ぎ方が雑では意味がありません。
最初にお湯を注ぐ時のポイントは、お湯を細く、ゆっくりと少量注ぐことです。
少量のお湯を注ぐことでフィルター内にお湯が行き渡り、フィルター全体にお湯の道筋が出来ます。

 

コクのあるコーヒーが抽出できるようになります。お湯を一気に入れるとすぐに下に落ちてしまうので、薄いコーヒーになってしまいます。また、フィルターに直接お湯をかけないように注意しましょう。フィルターに沿ってお湯が流れてしまうと、コーヒー成分が十分に抽出できない状態でお湯が落ちてしまい、味が薄くなってしまいます。

 

コーヒーの粉が十分に膨らみ、十分に蒸らしが完了したら次のお湯を全体に注ぎます。
入れ方のポイントは、コーヒーの粉を平らにならした面とお湯を垂直にさせることです。
ここでもコーヒーフィルターにお湯がかからないように注意しましょう。膨らんだドームの高さを保つように、連続してお湯を注いでいきます。

 

ドリップしていると、白っぽい泡が出てくることがあります。この泡はコーヒーのアクですので、このアクが下に落ちないよう抽出が終わったらすぐにドリッパーは外しましょう。自宅でもおいしいコーヒーを飲んでみたいという方は、一度この方法でドリップしてみてはいかがでしょうか。入れ方一つで味に大きな変化をもたらしますので、何度も練習を重ねて自分好みの味を見つけてください。

 

 

弊社のミルカフェは、1枚で1000回以上も繰り返して使えるエコで経済的なコーヒーフィルターです。
素材のポリプロピレンは安全性が確認されており、安心してご利用いただけます。
これからフィルターを用意されるという方は、ぜひお試しください。

 

 

▲このページのTOPへ