コーヒーフィルターのミルカフェ │ 洗って使う経済的なエコ商品

お気軽にご連絡・ご相談ください 03-5392-1807

お問い合わせはコチラ

コーヒーを作るお湯の温度

コーヒーを美味しく入れるためにはいくつかのポイントがあります。
その1つが温度です。コーヒーにとって温度は非常に大切なポイントで、温度によってコーヒーの味に違いが出てきます。
こちらでは、フィルターを使用したペーパードリップ方式でコーヒーを入れる際の温度についてご紹介します。

 

 

温度による違い

74度以下
コーヒーを入れる温度にすると低すぎる温度です。
コーヒーに必要な蒸らしが不十分で、コーヒーの味わいを抽出できません。
75~79度
やや低めの温度です。苦味は抑えられ、雑味が出やすくなってしまいます。
80~84度
ペーパードリップ方式の場合、これくらいの温度が適温とされています。
種類ごとの豆がもつ特徴や焙煎度の違いなど、持ち味が素直に出るようになる温度です。
85~89度
これくらいの温度が好まれることもありますが、温度としてはやや高めです。
苦味が強くなり、まろやかさがなくなってしまいます。
90度以上
コーヒーとしては高すぎる温度といえます。
お湯を注いだ時、ペーパードリップ方式ならではの粉のドームが壊れてしまい、蒸らしが不十分になってしまいます。

 

 

温度によって変わる粉の状態

フィルターにお湯を注ぐ時、ただ粉やお湯が溢れてしまわないように気をつけているだけという方は多いようです。
実は、お湯を注いでいる時の粉の状態をきちんとチェックすることが、美味しいコーヒーの仕上がりに繋がります。
お湯を注ぐと粉の表面がドーム状に膨れ上がります。
美味しいコーヒーの場合、1回に限らず2回入れてもキメ細かな粒の泡が立ち、抽出後もなかなか消えません。

温度が高いお湯を入れた場合、粗い泡が出来てしまい、蒸らしの段階で粉のドームが割れてしまいます。
また低いお湯を入れた場合は、泡が少なくなってしまいます。
こうした状態をチェックしながら、美味しいコーヒーを目指すのも1つの方法です。

 

 

弊社では、繰り返し使うことのできるコーヒーフィルターのミルカフェを販売しております。
ペーパーフィルターの場合は使い捨てになってしまいますが、ミルカフェは1枚で1000回以上も繰り返し使用できる経済的なコーヒーフィルターです。お手入れも簡単ですので、毎日コーヒーを飲むという方におすすめです。

 

 

▲このページのTOPへ